当センターは定員18名の小規模・地域密着型のデイサービスです。ご利用の方に介護の支援と予防を行い、心身ともに活気ある日常生活を送って頂くことが目標です。

  • デイセンター前景

    <ふち内科デイセンターのホームページへようこそ>

    当センターでは、地域にお住いの介護を必要とする方が安心してご利用頂き、活気のあるはつらつとした毎日が過ごせるように、また介護をされているご家族の方の介護負担を少しでも軽減できるように、スタッフ一同が日々の生活をご支援しています。

     

     


サービスの内容

パワーリハビリ
ローイングマシーンによる体幹の筋トレ

マシンによるパワーリハビリテーションにて加齢や疾病により衰える筋力の維持・改善を目標にしています。ご高齢の方でも身体に無理のない程度の負荷をかけ体幹の筋肉や下肢の筋肉の衰えを防ぎ、よい姿勢の保持や転倒の予防など日常生活の活性化に繋げています。マシン以外にも筋肉を動かして血行を促すイキイキ体操やレクリエーションを通して、不活発な生活や運動不足、フレイル(虚弱)を改善できるように取り組んでいます。

パワーリハビリ
レッグプレスによる下肢の筋トレ
軽~中程度の負荷をかけて、体幹・背筋・腹筋・の筋肉を鍛えています。

脳トレに有効とされる書字、絵画、工作、パズル、クイズなど取り組みやすい創作活動や面白いゲームを通して脳活性化プログラムを提供し、脳の老化や認知機能の低下を予防しています。

脳活性化プログラム実施
クイズ、絵画、工作などによる脳活性化

 認知症の医学的な対応について⇒認知症の治療・対応についてのリンク

加齢、運動不足、栄養不良や疾病により日常が不活発な生活になると体力や代謝が低下し、転倒や外傷をきたすなど引きこもりにつながり、体力低下のみならず精神衛生面でも悪い方向へ向かいます。また、認知機能が低下し、失禁や誤嚥を招くなど重度の要介護状態へと悪化していきます。この一連の状態が老年症候群です。当センターでは種々のプログラムにより老年症候群を予防し、心身ともに活動的な生活へと導くお手伝いをいたします。

活力ある在宅生活を続けていくための日常動作(掃除、洗濯、炊事、買い物など)の動作・作業訓練(ADL/IADL訓練)を通して、活動性のある在宅生活を送って頂けるように支援しています。

構音障害や誤嚥のリスクのある方には、口腔体操や言語訓練を行っています。具体的には、発話訓練(会話をする、あいさつする、名前を言う)、復唱訓練(職員が言った言葉を復唱する)、音読訓練(短文やいろはかるたを声に出して読む)呼称訓練(カードに描かれた絵の名前を言う)などして口腔運動機能を改善して構音障害や誤嚥のリスクを低減することに取り組んでいます。

入浴介助、移動介助、トイレ介助、食事介助など、日常生活に必要な身体介護を行います。入浴により身体の清潔と血行の改善を図ります。


介護の提供は、個々の方の健康状態や生活歴を考慮して活動性に合わせた個別対応により行っています。

リハビリマシン、歩行訓練用平行棒などのリハビリ器具、脳活性化プログラム用の各種教材、エアコン、送風機、テレビ、AEDなど。休養スペースあり、入浴場あり。

休養スペースの活用

休養室
体調がよくない時、眠い時など臥床して過ごせます

体調がすぐれない時、眠い時、横になりたい時などは、休養スペースを利用できます。万一、体調が悪化した時には「かかりつけ医」や、ふち内科クリニック(参照サイトはこちらから)が対応致します。


営業時間午前8:30~午後5:00
サービス提供時間午前9:00~午後4:30
営業日月~金曜日(祝日は営業、土日は休み)

ふち内科デイセンター

 TEL 075-803-2682

 FAX 075-803-2685

 URL https://fuchinaikadaycenter.com


①マシンによる筋肉トレーニング種々の運動・体操により身体機能の向上を目指します。

②脳活性化プログラムを種々提供し認知機能低下の予防に取り組んでいます。

③在宅生活を続けるための訓練(ADL・IADL訓練)として、掃除・選択・調理・買い物などに見合う訓練を提供し、日常生活がスムースに送れるように支援しています。

午前9時頃送迎車でデイセンター到着、健康チェック・バイタルサイン
午前9:30ストレッチ体操
リハビリ(マシンによるパワーリハビリ、歩行訓練その他)
脳活性化プログラム(認知機能低下の予防プログラム)
午前11:30昼食、口腔機能訓練
午後12:30入浴
日常生活訓練(ADL・IADL訓練)
脳活性化プログラム(認知機能低下の予防プログラム)
健康チェック
午後3:30おやつ
午後4:00送迎車でお送り
午前9時頃送迎車でお迎え、健康チェック・バイタルサイン
午前9:30ストレッチ体操
リハビリ(マシンによるパワーリハビリ、歩行訓練その他)
脳活性化プログラム(認知機能低下の予防プログラム)
午前11:30昼食
午後12:30送迎車でお送り

(午後半日タイプ)リハビリができて、入浴付きのコースです。

午後12:45送迎車でお迎え
午後1:00健康チェック
リハビリ(マシンによるパワーリハビリ、歩行訓練その他)
脳活性化プログラム(認知機能低下の予防プログラム)
午後2:30入浴
午後3:30おやつ
午後4:00送迎車でお送り

  

・日常生活動作(掃除、買い物、洗濯など)がやりにくくなってきた方

・少人数のデイがいいと思われている方(当センターは定員18名の小規模型デイです)

・認知機能低下を予防したい方

・入浴がご希望の方(入浴は午後のため朝風呂が苦手な方に喜ばれています) 

などに是非お勧めです。

・1日コースは長いと感じる方

・入浴ご希望の方で短時間の利用がよい方

・リハビリができて昼食を食べて帰りたい方

・少人数のデイが良いと感じる方

・認知機能低下の予防をしたい方

・リハビリができて入浴もしたい方

 などに是非お勧めです。

介護度や介護保険の負担割合、1日コースや半日コースによって値段が変わります。尚、請求は月単位です。

1割負担の場合を例示します。

要介護の方1日コース:1回1000~1600円程度
(週に何回利用するかにより、月額が決まる)
半日コース:1回630~900円程度
要支援の方月2060~4330円程度(請求は月単位)
食費(お弁当、おやつ代)1日570円(請求は月単位)午前のみ利用:470円、午後のみ利用:100円

デイサービスは介護保険に基づくサービスです。利用には介護認定を受ける必要があります。

1)まだ、介護認定を受けていない方区役所の介護保険コーナーで手続きを行って頂くか、直接当センターにお電話(075-803-2682)ください(認定が決まるまで約1か月かかります)。

介護認定が終了したらケアマネージャーが決まり、ケアプランが作成されますので、ケアマネージャーに当デイセンターを利用したい旨をお伝えください。  

2)既に介護認定を受けている方は、直接当センターにお電話(075-803-2682)頂くか、またはケアマネージャーに当センターを利用する旨をお伝え下さい。

1)マシンによるパワーリハビリなど種々の無理のない筋トレで身体機能の維持・向上をはかっています。

2)脳活性化プログラムを提供し認知機能低下を予防しています。

3)活力ある在宅生活を続けるためのADL/IADL訓練(掃除、炊事、洗濯、買い物など)、転倒予防のための歩行訓練を提供しています。

4)提供した介護サービスの有効性を総括表を用いて検証し、今後の改善すべき課題に結びつけています。

5)国の推し進める科学的介護・LIFEに対応、また、職員の処遇改善対応を実施しています。

---ケアマネージャーの方へ---

リハビリはマシンを使用し、下肢筋力の維持・改善と体幹など全身の筋肉を鍛えることができます。腕、背中、脚、お腹など多くの筋肉を使うため、転倒予防や正しい姿勢の保持等に効果的です

 *WOMEN’S HEALTH JAPANBeequick

・各種の脳トレなどの脳活性化プログラムにより認知機能低下の予防に取り組んでいます。

ADL/IADL訓練に取り組み、元気な在宅生活を続けることができるように支援しています。

1日コースと午前のみまたは午後のみの半日コースを選択することが可能で、利用者の方に合ったプランを選択できます。

提供したトレーニングやプログラムの有効性・効果は3か月ごとに下表の様に、体力やADLなどの測定を実施し、個人ごとに検証を行いプログラムの有効性ご利用の方の今後の改善すべき課題に結びつけています。

なお、検証結果は総括票にまとめ、担当ケアマネージャーに結果を共有してもらっています。(下表参照)

(表)運動器機能向上・個別機能訓練の総括票 この票は3か月ごとにリハビリ関係の訓練の有効性を総括しています。

運動機能向上・個別機能訓練の総括表
運動・リハビリの有効性を3か月間で評価します

運動・体力の項目は虚弱者(フレイル)の評価にも使用できます。

ADLの評価はBarthel Index により評価しています。

QOLの評価はSF-36 等を参考に評価しています。

❹・❺障害及び認知症高齢者の自立度は介護認定結果をもとに評価しています。

リハビリにより転倒の予防ができている

入浴ができてよい

1日コースと半日コースの選択ができて生活リズムに合う

脳トレが楽しい

入浴ができるので気持ちが良い

コロナ、インフルエンザ、感染症の予防に力を入れています。

フレイル、ロコモ、老年症候群
運動、栄養、脳活で元気な毎日を❕

(図の説明)

加齢、運動不足、栄養不良や疾病により日常が不活発な生活になると体力や代謝が低下し、転倒や外傷きたすなど引きこもりにつながり、体力低下のみならず精神衛生面でも悪い方向へ向かいます。また、認知機能が低下し、失禁や誤嚥を招くなど重度の要介護状態へと悪化していきます。この一連の状態がフレイルリンク)~ロコモーティブ症候群(リンク)~老年症候群です。当センターでは種々のプログラムにより老年症候群を予防し、心身ともに活動的な生活へと導くお手伝いをいたします。

フレイル~ロコモーティブ症候群*リンク *フレイル、ロコモ、サルコペニアとは            

デイサービスをご希望の方には、当センター利用により不活発な日常生活を断ち切り、はつらつとした元気な毎日を送ることができるよう、是非ケアプランの作成を宜しくお願い致します。

 現時点でのご利用可能な曜日は、

 ふち内科デイセンターへの見学・お試し利用を大歓迎しています❕ お電話下さい。

ーーー>TEL:075-803-2682

   FAX:075-803-2685

 各種のお問い合わせもお気軽にお電話下さい❕                 

ーーー>TEL:075-803-2682               

   FAX:075-803-2685

ふち内科デイセンター QRコード↓ 

URL https://fuchinaikadaycenter.com